トレーニングマシン 並び順:価格の高い順 1/4ページ

BODYMAKER

カート

メニュー閉じる
ウェイト器具とは
ウエイトトレーニング(Weight Training)は、筋力トレーニングの1種目。バーベル、ダンベル、マシンまたは自重などを使い筋肉に負荷をかけて体を鍛える行為。主に筋力の増大や、それに伴う筋肉の増量を目的とするトレーニングの総称。

人生100年時代をもっと自分らしく!健康寿命を伸ばすために今、私たちができること


人生100年時代をいかに健康的に、いかに自分らしく生き抜いていくか。長寿国世界一位の日本において、とても大きなテーマであることに疑いの余地はありません。海外の研究では「2007年に日本で生まれた子どもの半数以上が107歳まで生きる可能性がある」と言われるほど日本の平均寿命は高くなっており、それとともに健康寿命の重要性も指摘されるようになってきました。

・・・

筋トレを効率的に行うには自宅でのトレーニングが一番



続きを読む

ホームジムDX
トレーニンググローブ・ベルト・パット
ジムユースマシン

\注目商品/

フィットネスバイク
筋トレを最近始めた方の中には、自宅にトレーニングマシンを取り入れたいけれど、それぞれのマシンの特徴や、効果がいまいちわからない!という人もいることでしょう。
ジムで本格的にトレーニングしたことがある方も、自宅にトレーニングマシンを揃えてもっと手軽に鍛えたい方も、まずはトレーニングマシンの特徴やメリットを知っておきましょう。本記事で詳しく解説いたします。

バーベルやダンベルを使うフリーウエイト


フリーウエイトとは、バーベルやダンベルといったシンプルなトレーニングマシンを使ったトレーニングです。

自由度が高く全身を鍛えられる


フリーウエイトの主なメリットといえば、自由度が高く、身体全身を鍛えられるということです。ダンベルやバーベルを1セット自宅に持っていれば、胸や背中、お尻、太もも、腕など、全身さまざまな部分のトレーニングで使えます。違った刺激を体の中に与えることができるため、しっかりとした高い効果が期待できるでしょう。
フリーウエイトは、体が固定された状態ではなく、グラグラとした状態でトレーニングを行います。目的としている筋肉以外の全身の筋肉を刺激できるので、コアマッソルにも高い効果が期待できます。

正しい知識がないと怪我の危険も


自由度が高い分、シンプルなトレーニングマシンを使うフリーウエイトにはデメリットもあります。目的としている筋肉をどのように刺激するのか、怪我をしないためにどのような方法でトレーニングマシンを使うのか、ある程度知っておく必要があります。

本格的なトレーニングマシンは安全にピンポイントでトレーニング


ストレングスセットやマルチベンチ、ランニングマシンなど、本格的なトレーニングマシンを使ったトレーニングには、初心者でも安全に、狙った筋肉をピンポイントでトレーニングできるというメリットがあります。

自宅にトレーニングマシンを取り入れる際のポイント3つ


初心者でも安全に行えるトレーニングマシンを使ったトレーニングは、自宅にも取り入れ可能です。

1. サイズに注意


自宅にトレーニングマシンを取り入れるなら、サイズ感に注意しましょう。パワーラックやベンチセットなどは、思っているよりも大きいケースがあります。しっかりと腕や足などを伸ばして使わなければ十分な効果が期待できないため、高さや幅、長さなどのチェックを事前に行いましょう。

2. 鍛えたいパーツに合わせて


鍛えたいパーツを絞り込んでから、自宅にトレーニングマシンを取り入れましょう。大胸筋を鍛えたいならベンチプレス、腹筋を鍛えたいならマルチベンチ、有酸素運動ならフィットネスバイクなど、目的や鍛えたいパーツをはっきりさせておくことで、効果的なトレーニングマシンが選べます。

3. 安価すぎるものは要注意

できるだけ費用を抑えて購入したいという気持ちはわかりますが、安価すぎるトレーニングマシンは、やはり品質や耐久性が低い傾向があります。自分の体を預けてトレーニングするマシンでは特に、安全性の確保のために、ある程度品質のよいものを選ぶのがおすすめです。


自分にあったトレーニングマシン選びを

一言で筋肉トレーニングといっても、どのようなトレーニングマシンが必要なのか、どんな体のパーツを鍛えたいのかといった目的やゴールによって、選び方のポイントは異なります。賢く自宅にトレーニングマシンを取り入れれば、限られたスペースの中でも、効果の高い筋トレができます。また、毎日時間を気にすることなく、隙間時間に効率的なトレーニングも可能ですので、目的を明確化したマシン選びを行いましょう。

ベンチプレス世界王者児玉大紀選手が教えるベンチプレス100kg挙げる方法