トレーニングケア 並び順:新着順 2/2ページ

トレーニングケア

腰 サポート コルセット
送料無料 品質保証90日
¥1,990
(税込 ¥2,189)
ダイエット 腰痛 ウエスト コルセット くびれ 介護用品 サポート 補正下着 下腹 姿勢 サポーター 姿勢矯正 腰痛対策 腰痛ベルト 矯正下着 ウエストニッパー 補正 固定 ボディメイク スリム
送料無料 品質保証90日
¥1,990
(税込 ¥2,189)
骨盤ベルト 姿勢矯正
品質保証90日
¥990
(税込 ¥1,089)
手首 腕 サポート サポーター ケア用品
品質保証90日
¥990
(税込 ¥1,089)
 ブラック
トレーニング器具 トレーニングマシン
送料無料 品質保証90日
¥1,490
(税込 ¥1,639)
 アイボリー
トレーニング器具 トレーニングマシン
送料無料 品質保証90日
¥1,490
(税込 ¥1,639)

成果をより高めるためのトレーニングケア!代表的な4つの方法

トレーニングの前後には、トレーニングケアをしっかり取り入れる必要があります。

筋肉や関節をしっかりケアしたり、炎症が起きている部分を冷やす、また体のコンディションを整えるといったことを行うことで、より高いパフォーマンスを期待できる体作りができます。

トレーニングケアにはさまざまな方法がありますが、その中でもとくに取り入れてほしいのがアイシング、ストレッチ、マッサージ、クールダウンの4つです。
それぞれの特徴や意味合いをチェックしていきましょう。

1. 血の巡りが改善し炎症を抑えられる「アイシング」

運動やトレーニングで使った部分を直接冷やすトレーニングケア方法です。
血管を収縮させることでその後血管が膨張し、血の巡りがよくなるという効果があります。
アイシングは疲労回復だけでなく、炎症を抑える効果、怪我をした際の応急処置としても有効です。

2. 体を柔らかくして疲労回復に役立つ「ストレッチ」

ゆっくりと筋肉や体の筋を伸ばすことで、疲労回復に役立てることができます。
激しい運動をすると筋肉や筋は固く緊張してしまいますが、このストレッチを取り入れることで体を柔らかくして、可動域を復元させていきます。

3. 緊張を緩めリンパの流れを良くする「マッサージ」

運動、トレーニングで一時的に緊張してしまった筋肉、体の筋を伸ばすことで、緊張を緩めるだけでなくリンパの流れをよくするという効果があります。
怪我の防止に、また疲労を翌日以降に持ち越さないためにもマッサージは重要です。

4. 筋肉痛の予防・緊張の緩和に効果的な「クールダウン」

トレーニング後に軽いジョギングやウォーキングをすることをクールダウンと呼びます。クールダウンを行うことで心拍数、呼吸の数を整えることができ、自身で体の不調や痛みに気づきやすくなります。
筋肉痛の予防、また心理的な緊張の緩和にもクールダウンは効果的です。

・トレーニングケアを行う4つのメリット
トレーニングケアを行うことにはさまざまなメリットがあります。
その中でも代表的なものをいくつかご紹介いたします。

トレーニング後のケアは、トレーニングと同じくらい重要です。その意味をしっかり理解した上で、トレーニングケアも入念に行うようにしていきましょう。

1. 全身の血液循環をよくする

ストレッチやマッサージなどのトレーニングケアを行うことで、筋肉の緊張をほぐせます。
筋肉は血液を運ぶポンプのような役割を担っているので、うまく動かせないと新鮮な血液を体中に運べなくなってしまいます。

また、老廃物の溜まった血液が循環しにくくなると、むくみや疲労の原因となってしまうことも。
トレーニングケアを行うことで筋肉の緊張が緩み、ポンプとしての役割をしっかりと行えるようになります。
そのため血液循環がよくなり、疲れにくく、元気な体を維持できるようになるのです。

2. 怪我や炎症の悪化を防ぐ

トレーニング後そのままケアをせずに過ごしていると、筋肉や筋のダメージが残ったままになります。
その状態で生活を続けると、筋や関節を痛める、転倒するなど、怪我・炎症の原因になってしまいます。
そのため、しっかりと体の疲れを取り、リラックスした状態に戻して怪我や炎症を防ぐことは非常に重要です。

また、トレーニングで炎症を起こしてしまった部分があれば、アイシングで冷やすことで悪化を防げます。
その後は様子を見ながら病院にいくなど、適切なケアを速やかに行うようにしましょう。

3. 疲労物質を溜めにくくする

トレーニングを行ったあとの体は、疲労物質がたくさん分泌され、また停滞しやすい状態になっています。
そのままケアをせずに放置することで、翌日以降も疲れが取れない、体の緊張がほぐれないというケースに陥ってしまう場合も。

疲労が溜まった状態でさらにトレーニングをしてもいいパフォーマンスを発揮できず、怪我の原因にもなります。
しっかりマッサージ、ストレッチなどのトレーニングケアを行って、疲労物質を流しやすくすることが大切です。

4. 筋肉や関節のコンディションを整える

トレーニングケアを行うことで、筋肉や関節、筋の疲れを取るだけでなく、コンディションを整えることもできます。
トレーニング後に行うトレーニングケアも大切ですが、トレーニング前やトレーニングの最中にも積極的にケアを取り入れて筋肉や関節を動かしやすい状態にしておきましょう。

トレーニングでよく使う部分の筋肉、関節、筋を積極的にケアすることで怪我を防げ、さらに集中力を高めるサポートにもなります。
いつでもどこでもケアのできる専用のアイテムを取り入れてみることもおすすめです。