CATEGORY-柔道 並び順:人気順 2/2ページ

柔道

柔道
00号
TA01300 柔道着 00号 コンバット・スポーツ 格闘技 道衣 武道 練習 道場 柔道着 柔道衣 練習着 学校 体育 授業 学校指定 部活 ホワイト 中学生 高校生 高等学校
送料無料 品質保証90日
¥5,800
(税抜 ¥5,273)
投げ技 受け身 タックル 体操 道場 投げ込み 学校 体育 授業 部活 中学生 高校生 高等学校 学生
送料無料 品質保証90日
¥19,800
(税抜 ¥18,000)
柔道用品はどれも一緒に見えるかもしれませんが、それぞれにパフォーマンスや特徴が異なるものです。この記事では、柔道着や柔道帯の選び方を紹介しますので参考にしてください。


柔道着は分厚く作られているのが特徴

柔道というスポーツには、お互いに引っ張ることが多いという特徴があります。そのため、柔道着は破れないよう分厚く作られているのが特徴です。その反面、非常に汗をかくスポーツでもあるため、速乾性や吸水性に優れていなければなりません。柔道着を選ぶときは、厚さや速乾性などを考慮しましょう。

一重織は軽くて通気性抜群

一重織は、軽くて通気性がよいのが特徴です。ただし、激しく動いたり、引っ張りあったりしていると、痛んだり生地が破れてしまう心配があります。

二重織は分厚く耐久性が高い

二重織の柔道着は、かなり分厚く耐久性が高いのが特徴です。その分、重みがあるため、初心者の場合はやや動きにくいと感じることもあるでしょう。一重織と二重織の柔道着は、使いやすさにはほとんど影響ありません。たまに使うだけなら一重織、毎日着る予定なら二重織を選ぶなど、使用頻度を基準として、柔道着を選びましょう。

柔道用帯の選び方と色の違い

柔道帯は、以下を参考にして選んでみてください。

柔道帯の色による違いとは?

柔道は帯の色でレベルを分けています。また、少年と成年でも帯の色による意味が異なるのです。初心者から、白、黄色、緑、紫、茶色と、レベルを上げるにつれて色が変化していきます。成年では、白、茶色、黒、紅白、紅と変化します。

帯は目的に合わせたセレクトを!

柔道の帯を選ぶうえでは、自分の目的にあった帯を選ぶことが大切です。体育の授業で使われるような初心者向けの帯から、プロ仕様の帯まで、さまざまなものがあります。値段が全く異なるため、自分がどのようなクオリティの商品を必要としているのかを判断し、目的に合わせた帯を選びましょう。


自分に合った柔道用品を選ぼう!

これから本格的に柔道を始めるという方はもちろん、体育の授業で柔道着が必要になったという方も、用途に合わせて柔道用品を選ぶことが重要です。自分に合った柔道着を選ぶことで、柔道とのふれあいをさらによいものにできるでしょう。