任意4 並び順:人気順

任意(イベント名)

必要なフィットネスグッズとは

ジムに必ず持っていきたいアイテムを紹介

ダイエットや健康維持のため、スポーツジムに会員登録して運動する人が増えてきています。初めて利用する場合、どのようなグッズを持っていけばいいか迷う人もいるでしょう。初心者の場合、まずは絶対に必要なアイテムを準備することから始めます。1番最初に必要なフィットネスグッズとして、トレーニングウェアがあります。どれにすればいいか分からないのであれば、Tシャツとハーフパンツをベースにして探すといいでしょう。 冬場はともかく、その他のシーズンであれば、ある程度の時間身体を動かすと思った以上に汗をかきます。長袖ではなく半袖で涼しげなものを選択するのがおすすめです。Tシャツは機能性のものであれば速乾性に優れているので、多少汗をかいても肌に布がべたつくような不快感なく長時間でも着ていられます。もし金銭的に余裕があれば、コンプレッションウェアやスポーツタイプのものを購入するといいでしょう。このようなスポーツウェアには、疲労軽減やパフォーマンスを向上するなどの効果があります。 そして、シューズも準備しなければなりません。外出時のスニーカーをスポーツジムでそのまま使用するのはNGです。ジム専用のシューズを用意しておきましょう。ジムの利用者の中には、意外とうっかりシューズを持ってくるのを忘れてしまうという方がいます。中にはシューズのレンタルを行っているジムもありますが、やはり自分の足にフィットした履き慣れたシューズがあった方がトレーニングもしやすくなります。 トレーニングをするともちろん汗をかきます。特に自転車型トレーニング器具やランニングマシンを使った有酸素運動をしていると、結構な発汗があります。速乾性のウェアを着ていたとしても汗は流れてきますので、それを拭き取るためのタオルも準備しておきましょう。この時おすすめなのが、細長い形状をしたスポーツタオルです。運動をしている時も首にかけることができ、少し休憩する時にも手早く汗を拭き取れるからです。

あると便利なアイテム

フィットネスグッズは、スポーツジムで身体を動かす際にはほぼ確実に必要になりますが、その他にもあると便利なフィットネスグッズがいくつかあります。その中でもバッグは、先ほど紹介したようなトレーニングウェアやシューズなど、フィットネスに出かける際には色々なアイテムが必要になりますので、それをまとめるために比較的大容量のものがおすすめです。 バッグに関しては、必要なフィットネスグッズを収納できればどのような種類でも問題ありません。エナメル性のいわゆるスポーツバッグでもいいですし、リュックサックタイプのバッグでも差し支えありません。自分が持ち運びしやすいかどうかがポイントです。 このような荷物を入れるバッグの他に、その中に入れられるような小さめの袋も準備すると便利です。フィットネスクラブ内を移動する際、色々なものを持ち歩くことがあります。タオル、ドリンクボトルや軽食、スマホが手放せないという人もいるでしょう。このようなアイテムを持ち歩くために、一つにまとめられるようなコンパクトサイズのバッグがあると重宝します。着替えやシューズなどを、大きめのバッグの中に入れておくといいでしょう。

人気のウエイトトレーニングで必要なグッズとは

フィットネスクラブでウエイトトレーニングをしようと思っている人もいるでしょう。ウエイトトレーニングは重たいものを持ち上げる必要があり、力を発揮するために歯を食いしばることがあります。この食いしばる力ですが、意外と大きなものになります。20代、30代の男性の場合、噛みしめた時に奥歯にかかる力は平均60kg弱と言われています。強い人になると、実に100kgクラスの負担がかかるとも言われています。自分の体重以上の力が奥歯にかかることになり、このような負荷がトレーニングのたびに歯にかかると、いずれボロボロになりかねません。 もし本格的なトレーニングをしようと思っているのであれば、マウスピースを準備するといいでしょう。マウスピースを装着することで、歯やあごの関節へのダメージを軽減できます。また、ボクシングやキックボクシングのようなコンタクトスポーツをやろうと思っている人も、いずれマウスピースは必要になります。コンタクトスポーツの場合、自分の歯などで舌や口の中を傷つける恐れがあります。このような強い衝撃の中から口腔内を守るためのアイテムとして、マウスピースが必要になります。 ちなみに、格闘技の他にもアメリカンフットボールやアイスホッケー、女子ラクロスなどのスポーツでもルールでプレーをする際にはマウスピースの着用が義務付けられています。現在では様々なマウスピースが販売されています。中にはおしゃれなデザインをしたマウスピースも出てきています。最近では女性もウエイトトレーニングやコンタクトスポーツをする人は多いので、口の中の装着感や見た目など、色々な観点から比較して自分にマッチするフィットネスグッズを探してみましょう。 格闘技をする人は足首サポーターを活用しよう

靴下を履くような感覚で使用できるタイプ

格闘技を行っているとどうしても避けて通れないものとして、けががあります。相手の技を受けて負傷する場合もありますし、自分が攻撃を仕掛けた時に体勢などを崩して痛めるリスクもあります。このようなけがを防止する、もしくは特定の箇所に大きな負担がかからないようにするためにサポーターがあります。サポーターはさまざまな箇所に装着できるものが販売されています。その中の一つに、足首サポーターがあります。文字通り、足首に装着するもので格闘技の他にも各種スポーツ選手が愛用している人気のアイテムです。 足首サポーターを見てみると、大きく2種類のタイプに分類できます。まずは装着タイプです。装着タイプとは簡単に行ってしまうと、靴下のような形状をしているサポーターを指します。普段靴下を履くのと同じような要領で、足からふくらはぎにかけてまで履くだけです。ですから老若男女関係なく、誰でも簡単に着用できます。時間もほとんどかからないので、できるだけ準備時間を短くしたいと思っている人にもおすすめです。もしこれから本格的に格闘技を始めようと思っている初心者であれば、気軽に利用しやすいでしょう。靴下と同じような感覚で着用できるのですが、足首の関節部分が中心になるように装着すると効果を発揮しやすいです。そうすれば、足首全体を保護することができます。けがの防止効果もより大きくなるでしょう。 このようなアイテムの中には、S、M、Lなどのサイズ別に分かれているものもあります。その他にも左右兼用だったりそうでなかったりする場合もありますので、自分の用途や足のサイズにマッチするものを慎重に見つけるようにしましょう。

ベルトタイプのものもラインナップ

もう一つの足首サポーターの種類として、固定タイプのものがあります。こちらは靴下のような感じではなく、ベルトを使って締め上げていくスタイルのものです。靴下の場合、足首を全体的に包み込むような感じで保護しますが、ベルトタイプになると固定することができるので、足首が動きにくくなります。例えば格闘技の練習や試合中にねん挫した場合、できるだけ足首は動かさないようにした方が良いです。ねん挫をしていると動くたびに痛みが走り、治りも遅くなる可能性があります。強いねん挫をし、それでも試合をしなければならない時に、このタイプのサポーターは心強い味方になってくれるでしょう。靴下やレギンスというよりもテーピングに近いような特性を持ったアイテムなので、足首を固定して痛みを抑える可能性もあります。しかも通気性がいいので、梅雨時のじめじめした季節や夏場の厳しい暑さの時でも、足が蒸れる心配がありません。 ベルトタイプの場合、先ほどの装着タイプと比較すると履き方を知っておく必要があります。しかも商品によって、固定の方法が若干異なる可能性もあります。ですから中には、自分にうまく使いこなせるだろうかと不安に思っている人もいるでしょう。しかし、それほど難しいものでもないので、装着方法をきちんとマスターできれば、利用価値は高いです。大人用から子供用まで、さらにスポーツケア用から医療用まで幅広くラインナップされています。自分の用途にぴったりマッチするものもきっと見つかるでしょう。

格闘技を行う場合おすすめなのは

格闘技を行うにあたって、足首サポーターを活用したいと思っている人もいるでしょう。その場合には、まずは装着タイプのものから購入してみましょう。靴下やレギンスを履くような感じで簡単に着脱できるので、初めての人でも利用しやすいです。もしある程度このようなタイプを問題なく使いこなせるようになったら、固定用を探してみてもいいかもしれません。固定用の場合、装着用と比較すると、カバーする範囲が狭いです。このため、体を動かす時に邪魔になるような心配がありません。しかも通気性に優れているので、夏場の厳しい暑さの時に長時間使用してもそれほど不快に感じることもないでしょう。 特にねん挫など、けがをしている時にはおすすめです。足首が動かないようしっかりと固定できます。さらに効果的にするためには、テーピングを巻くなどして、補強するといいかもしれません。しかしテーピングの場合、正しい巻き方でないとけがの防止や痛みの軽減などの効果が期待できなくなります。テーピングの正しい巻き方をマスターするには時間がかかりますが、こちらのサポーターであれば簡単に使用できるでしょう。テーピングをつけたりはがしたりする際には時間もそれなりにかかります。しかし足首の固定用であれば、ベルトを緩めれば簡単に取り外せます。できるだけ短い時間で行いたいという人には、おすすめのアイテムでしょう。このように自分の用途に合ったものはどれかなのかという視点で見ていくと、ベストな一品に出会える可能性が高くなります。気なる人は、一度購入を検討してみてはいかがでしょうか。