• MEN
  • WOMEN
  • TRAINING
  • MARTIAL
  • FITNESS & DIET
  • MAT
  • MASK

革のメンテナンス

大切に使うための方法

革製品を使ううえで意外と知られていないのが、
使っていないアイテムの保管方法。
保管をおざなりにすると、
革が傷む原因の「型崩れ」や「カビ」が発生する可能性もあります。
今回は、長くご愛用いただくために大切な
正しい保管方法をご紹介します。

用意するもの


  • ・鞄/革小物用ブラシ
  • ・布(乾拭き用)
  • ・タオル
  • ・新聞紙
  • ・製品が包まれていた不織布の袋

※布はファスナーなどに引っかかる可能性があるため、パイル地は避けます。綿など天然素材で、革に傷を付けにくい柔らかいものがおすすめです。

保管のタイミング


普段使いの保管
毎日使う財布や仕事用の鞄など、普段使いの鞄。休日は中身を出して革を休ませてあげると、革がくたびれてしまうのを多少和らげることができます。鞄の中にはタオルや丸めた新聞紙などを入れておくと、湿気取りと型崩れ防止に。
長期の保管
中身を全て出し、代わりにタオルや丸めた新聞紙を詰めます。さらにクローゼットの中でほこりや他の素材とくっつくことを避けるため、製品が包まれていた不織布の袋に入れて保管しましょう。
保管用の袋は、ビニールのように、変質の原因になる素材を避けます。また、袋に入れ続けると湿気がこもる場合があるので、時々袋から出して風通しの良い日陰でリフレッシュを。

保管の方法


普段使いの保管
毎日使う財布や仕事用の鞄など、普段使いの鞄。休日は中身を出して革を休ませてあげると、革がくたびれてしまうのを多少和らげることができます。鞄の中にはタオルや丸めた新聞紙などを入れておくと、湿気取りと型崩れ防止に。
長期の保管
中身を全て出し、代わりにタオルや丸めた新聞紙を詰めます。さらにクローゼットの中でほこりや他の素材とくっつくことを避けるため、製品が包まれていた不織布の袋に入れて保管しましょう。
保管用の袋は、ビニールのように、変質の原因になる素材を避けます。また、袋に入れ続けると湿気がこもる場合があるので、時々袋から出して風通しの良い日陰でリフレッシュを。