アームレスリング 並び順:人気順

大決算セール開催中

アームレスリング


▼前腕編

リストカール

前腕全体の筋肉を鍛える代表的なトレーニング。 アームレスリングでは最も重要視されるトレーニングである。


ビッググリップボール

ケトルベル

回内筋のトレーニングで、アームレスリングでは手の平が上を向かない為のヘッドトレーニングである。


ワンハンドフリーケトルベル

プルアップグリップボール

丸い玉をケーブルにつけて行うリストカール、より実践に近い手首強化トレーニング


プルアップグリップボール

リストローラー

前腕全体の筋肉を極限まで鍛えるトレーニング、乳酸がたまりにくい腕をつくる!


リストローラー

▼上腕二頭筋編

リバースカール

上腕筋、腕橈骨筋の強化 アームレスリングではトップロールスタイルの選手に主に必要な筋肉で、ストラップ戦になった時に特に有効なトレーニングである。


EZバー

上腕二頭筋のトレーニング

アームレスリングでは主にフックスタイルの選手に必要な筋肉で、万力のように相手を引き寄せ ガッチリロックした状態で倒す為に使われる筋肉。


ケトルベル

上腕筋、腕橈骨筋

アームレスリングでは主にトップロール選手が腕を曲げた状態で拳を高い位置でキープする為に使われる筋肉であり、代表的なトレーニングである


トライセプスシャフト

リバースケーブルカール

ケーブルアタッチメントを使ったケーブルカール。上腕筋、腕橈骨筋の強化


トライセプスVバーMH

▼大胸筋・広背筋編

大胸筋のトレーニング。肘の位置を固定するために強化。


ベンチ 一覧へ

普通の懸垂とは違い、持ち手がが丸い球になっておりグリップの強化と背中の強化が同時にでき、アームレスリングでの腕と身体を固める力である背中、上腕、グリップが同時に強化できる。


プルアップグリップボールダブル

グリップの強化でアームで必要な指のパワーを究極に鍛えるトレーニング


プルアップグリップボール


アームレスラー 宮本真治 Miyamoto Shinji

ニックネーム RUSH。アームレスリング界唯一のマスクマンで、THE RUSHの正体。アームレスリングチームzero腕代表。
【戦歴】2009年エジプトで開催されたWAF世界大会に出場、マスターズ78kg級にて優勝
2016年8月21日 香港で開催されたアーノルドクラッシックアジア85kg級三位
2016年12月11日韓国最大のアームレスリング大会SILVISにて80kg級優勝


アームレスラー 足利紫津子 Ashikaga Shizuko

学生時代から力に自信があったが、スポーツ経験は全く無く、結婚・育児と忙しい日々の中で「何かしたらよかった」という気持ちが強くなり、趣味として腕一本で戦えるアームレスリングに挑戦。2011年よりチームzero腕に所属。大阪から岡山の道場に月に一度通い、普段は家族が寝静まった後に家で一人黙々とトレーニングする。ミニマム級。

【戦歴】
2012年オールジャパンアームレスリング選手権大会に初出場。55キロ以上クラスの右左ともに優勝、以来2017年まで右は6連覇達成中
2016年8月21日 香港で開催されたアーノルドクラッシックアジア・アームレスリング部門女子の部で金メダル