BODYMAKER GYM会員会則

第1条(名称)
BODYMAKER GYMトレーニング会員会則(以下「本会則」といいます)とは、BODYMAKER GYM(以下「本クラブ」といいます)の会員ならびに本クラブに入会しようとする方に適用します。

第2条(運営管理)
本クラブの運営管理は、ボディメーカー株式会社(以下「会社」といいます) が行います。

第3条(目的)
本クラブは、会員が本クラブのトレーニング施設を利用して、健康増進・体力及び技能向上等に寄与することを目的とします。

第4条(会員制)
①本クラブは会員制とし、本クラブが別途定めた入会申込書・契約書等を提出し利用契約等の諸契約を締結する事により入会が認められ施設を利用することができます。
②会員が本クラブを利用するときは、利用する施設に会員証を提示いただきます。
③未成年者が入会を希望する際には、入会同意書に本人と親権者が連署の上手続きを行なうものとする。この場合、親権者は本契約に基づく全ての責任を本人と連帯して負うものとする。
④本クラブ会員及び利用者は本規約に定める全ての項目を遵守しなければならない。
⑤営業日及び営業時間に関しては別途定めます。また、事前告知無く変更の場合もあります。

第5条(入会資格)
本クラブの入会資格は以下の項目全てに該当する方とします。尚、項目全てに該当する方であっても、会社の判断で入会をお断りすることができ、その理由を示す必要はないものとします。

①医師等に運動を禁じられておらず、本クラブの諸施設の利用に堪え得る健康状態であることを申告いただいた方
②感染症その他、他人に感染する恐れのある疾病を有しない方。
③暴力団・暴力団員その他これに準ずる者等反社会的勢力でない方。
④タトゥー(刺青)をされていない方。もしくはタトゥー(刺青)をされている方で縦×横15p以内に収まる場合は本クラブ利用時及び周辺施設に於いてもサポーターやウエアー等で隠すことを条件として可能とする。
⑤満20歳以上または、満16歳以上で20歳未満の入会時に親権者の同意が得られる方。
⑥本会則に同意し尊守出来る方。
⑦個人情報保護方針に同意した方。
⑧申込書に記載の人物と同一であると証明出来る方。

第6条(入会手続き)
①本クラブに入会する方は所定の入会申込書により、本会則及び会社が別途定める個人情報保護方針に同意した上で入会申込みを行っていただきます。
②未成年の方が入会しようとするときは、本人と保護者の連名で申込み手続きをとらなければなりません。この場合、保護者は会員の有無に関わらず、本会則に基づく会員としての責任をご本人と連帯して負うものとします。

第7条(入会金・会費等の諸費用)
①諸費用は会員種別ごとに会社が定めた所定の方法で納入しなければなりません。
②会員は、実際の施設利用の有無にかかわらず、自らが所属する会員種別において必要となる諸費用を支払うものとします。但し、入会時の初回支払い額に付いては別途定めに依る。
③一旦納入いただいた諸費用は、法令の定めまたは会社が認める理由がある場合を除き、返還致しません。
④会費等の改訂を行なう場合があります。その場合、1ヶ月前までに会員に告知するものとし、以後は改定後の会費等が適用されます。
⑤会員が会費等の債務を支払い期限が過ぎても履行しない場合、会員に対し、支払い期限の翌日から支払日の前日までの日数に年14、6%の割合で計算される金額を延滞利息として、会費等その他の債務と一括して請求する事が出来る。その際に必要な振り込み手数料等その他の費用は全て当該会員の負担とする。

第8条(変更手続き)
①会員は、入会申込書に記載した内容に変更があったときは、速やかに変更手続きを行っていただく必要があります。その後に変更があった場合も同様です。
②会社が会員あてに通知する場合、 会員から届け出のあった最新の登録内容に基づいて行い、発送・発信をもって効力を有するものとし、 未確認または不到達等以後の責を負いません。

第9条(会員資格の譲渡、相続、貸与)
本クラブの会員資格は本人のみとし、如何なる場合も、譲渡・相続または貸与することはできません。

第10条(トレーニングスペースの利用)
会員はトレーニングスペースの利用に当たり、本クラブが別途定める利用ルールを守り、自身の責任のもと安全に配慮し使用しなければならない。

第11条(休会)
① 会員本人の都合により1ヶ月以上の長期にわたり本クラブを利用できない場合、本人が休会希望前月の10日迄(休業日の場合は前営業日)に来店し所定の手続きを完了し、所定の休会月会費を支払うことにより休会することができます。また、休会手続きが休会希望前月の10日を過ぎた場合、翌々月以降の休会となり、翌月の月会費は全額お支払いただきます。 尚、電話・メール・FAX等による申し出は受付いたしません。
②休会会員は、本人の申し出により随時復会することができます。復会月より所定の月会費をいただきます。また、1ヶ月以内の復会は休会の取り消しとなり、復会月の月会費は全額お支払いただきます。
③代理人による手続きまたは電話その他の方法による申し出は、受け付けられません。
④本条の休会手続きが完了していない場合は休会扱いにはなりませんので施設のご利用が無くとも通常の会費等が発生します。


第 12条(退会)
①本クラブを退会する場合は、本人又は法律上の権限を確認出来る代理人をして、本クラブへ来店し所定の退会手続きを行なった上で退会出来るものとする。
②退会希望者は各月の10日(10日が休館日の場合翌営業日)までに本クラブに所定の退会届を提出しなければなりません。10日を過ぎた場合は、本クラブの事務手続き上、翌月末日扱いになります。
③本クラブが退会届を受領しない限り会費支払義務は発生するものとします。
④本条の退会手続きが完了しない限り施設の利用が無くとも通常の会費等が発生します。
⑤会費等の全部または一部が未納の場合、退会手続き前の完納しなければなりません。
⑥会費等は退会が月中であっても当該月分は全額支払わなければなりません。
⑦会員が自己都合により会費等の全部または一部の滞納が2ヶ月を経過した時点で強制退会となります。また、滞納金及び利息は即日支払わなければなりません。


第13条(会員資格停止・強制退会)
会社は会員が以下の各号の一に該当するときは、当該会員に対し一方的に会員資格を一定期間停止または強制退会することができます。また強制退会後は施設への一切の立ち入りを禁じ再入会も一切出来ません。
尚、強制退会者へは既払分の会費等が有っても一切返金は致しません。

①本会則その他会社の定める諸規則に違反したとき
②会社または本クラブの名誉、信用を傷つけたとき
③入会書類に虚偽を記載したことが判明したとき及び重要な事実を申告しなかったとき
④本クラブの運営秩序を乱し、または乱すおそれがあると会社が認めたとき
⑤他の会員に対する迷惑行為、 本クラブの運営に支障を与えるような行為をしたとき
⑥本クラブ入会後、暴力団等の反社会的勢力に関与したと会社が認めたとき
⑦諸費用の滞納、遅延など支払いを怠ったとき
⑧その他法令および公序良俗に反する行為をしたとき


第14条 (会員資格喪失)
会員は次の場合に会員資格を喪失します。
①退会手続きが完了したとき。
②除名・強制退会されたとき。
③死亡したとき。
④本クラブを閉業したとき。

第15条(個人情報保護)
会社は、会社の保有する会員の個人情報を、会社が別途定める個人情報保護方針に従って管理します。



第16条(諸規則の厳守)
会員は本クラブ施設・サービス利用に際して、本規約および会社が別途定める規則、注意事項を厳守し、本クラブでは従業員の指示に従っていただきます。
①施設及び機器の使用に際しては、記載されたルール、慣習上のルール、及び本クラブ従業員の指示に従わなければならない。
②本クラブの利用時は以下の禁止事項を含むドレスコードを尊守していただきます。
1、ジーンズ、又はジーンズ素材の物でステッチやリベットなどが付いてる衣服での利用禁止。
2、裸足、サンダル、草履、滑り易い履物など禁止。
3、スパイクシューズなど床を傷つける恐れのある履物禁止。
4、著しく不潔な身体もしくは服装及び他の会員が不快に感じると判断される身なり禁止。
5、本クラブが相応しく無いと判断した服装・履物・服飾品または装飾品など禁止。
③本クラブ内に於いて以下の行為は禁止
1、営利目的または宗教に関すると評価される勧誘・広告活動・その他本クラブの目的と反する行為及び活動。
2、法律で禁止された薬物等の使用。
3、本クラブが主催もしくは認める者以外によるパーソナルトレーニング等の指導及びそのように評価される活動。
4、本クラブ会員以外の同伴及び利用。
5、入れ墨(タトゥー含む)の露出。
6、大声や奇声を発する事。
7、他の会員やビジター、及び本クラブスタッフに対しての暴力的(又は性的)な言動及び誹謗中傷、嫌がらせ、その他迷惑行為と受け取れる行為や言動全て。
8、本クラブの秩序を乱し、又はその名誉、信用あるいは品位を傷付ける事。

第17条(会員以外の施設利用)
会社は、特に必要と認めた場合は、会員以外(ビジター)の方による施設の利用を認めることができます。この場合、当該利用される方にも本会則を適用します。
①ビジター利用料は別途定めによる


第18条(免責)
①会員が被った諸施設の利用中の損害や怪我その他の事故について、本クラブに故意または過失がない限り、会社は当該損害に対する一切の責任を負いません。
②会員同士の間に生じた係争やトラブルについても、会社は会社に故意または過失がない限り、一切関与いたしません。
③会員が本クラブの利用に際して生じた貴重品の紛失、盗難の被害については、 会社は一切損害賠償・補償等の責を負いません。

第19条(会員の損害賠償責任)
会員及びビジターが本クラブの諸施設の利用中、会員の責に帰すべき事由により会社または第三者に損害を与えたとき、または備品の破損・紛失をした場合は、その会員が当該損害に関する責を負い、会社に対して一切迷惑をかけないものとします。

第20条(入場及び利用の禁止・退場)
会員が次の各号に該当するときは、諸施設の利用を禁止します。
① 暴力団関係者であるとき。
②タトゥー(刺青)をされている方。(身体の中で、縦×横15pいないに収まる場合のみ入場を可能として取り扱いをさせて頂きます。但し、サポーターやシャツ、テーピング等で露出しないように隠すことを条件とします。それ以上の大きさのタトゥー(刺青)をされている方につきましては、ご利用は一切出来ませんのでご了承ください。万が一、タトゥー(刺青)無しでご入会された後に発覚した場合は、その時点で施設のご利用が出来なくなりますので予めご了承下さい。但し、イベント招待選手等、会社の責任により施設利用を承認する場合がありますのでご了承下さい。
③伝染病その他他人に伝染または感染するおそれのある疾病に罹患しているとき。
④許可なく館内を撮影すること。
⑤一時的な筋肉の痙攣や、意識の喪失などの症状を招く疾病を有するとき。
⑥飲酒等により、安全に諸施設を利用することができないと会社が判断したとき。
⑦妊娠している者。
⑧本規約及び本クラブの諸規則を尊守しない者。
⑨入会に際し虚偽の申告をし、あるいは重要な事実を故意に申告しなかった者。
⑩会費の全額又は一部の滞納者全て。
⑪その他、正常な諸施設の利用ができないと会社が判断したとき。

第21条(施設の利用制限・休業・廃止)
本クラブは、次の事由により本クラブの利用制限、廃止または閉鎖、臨時休業することができます。しかし、会社が特例を発令しない限り会費等の支払い義務が縮減または停止する事はありません。 尚、気象災害等の緊急時を除き、会社は1週間前までにホームページにて告知します。
①気象、災害、警報、注意報等により、安全に営業を行う事ができないと会社が判断したとき
②施設の改造または補修工事実施の時
③法令の制度改廃、行政指導、社会情勢、経済状況の著しい変化があったとき
④施設の使用権限が消滅する等運営に影響が生ずる事情が発生したとき
⑤その他閉鎖または臨時休業の必要があると認められたとき



第22条( 施設の閉鎖および運営の廃止)
経営上の事情により本クラブおよび施設の閉鎖や廃止等が行なわれたとき、その他
運営が困難と会社が判断したときには、会社は本クラブおよび施設の全部または一
部の施設を閉鎖および運営の廃止をすることがあります。本クラブおよび施設の閉
鎖や廃止が行なわれた場合、 会社はその旨を会員に通知し、 施設利用の終了ないし
本クラブの会員契約の全部または一部を終了させることができるものとします。

第23条(細則等)
本会則に定めない事項ならびに運営上必要な事項については別途細則その他の規則に定めます。

第24条(諸費用及び運営システム変更)
①会社は、会員が負担すべき諸費用について、会社が必要と判断したときは変更すること ができます。
②会社は、施設運営システムを、会社が必要と判断したときは変更することができます。


第25条(本会則等の改訂)
会社は、本会則および施設内諸規則の改訂を行うことができます。なお、改訂を実施する ときは、会社は予め改訂の1ヶ月前までに告知することにより、改訂した本会則および施設内諸規則の効力は全会員に及ぶものとします。

第26条(告知方法)
本会則における会員への告知方法は、施設内への掲示とします。


上記 個人情報の取扱い及び会員会則の内容全て理解し承諾の上、入会の申し込みを致します。


>入会案内へ戻る