“TRAINING IS ALL” 全てのアスリートのための日本発スポーツブランド 「ボディメーカー」公式サイト

BIOHAZARD最新情報



バイオハザードの世界観をリアルに具現化し
アクションシーンを想定したウエアをラインナップ



R.P.D. / S.T.A.R.S.

R.P.D.=ラクーン市警察
ラクーンシティの治安を一手にになう警察組織として、市民の安全を第一に活動していた。
歴史を感じさせる巨大な警察署には、街の規模に合わせて多数の警官が常備勤務。

S.T.A.R.S.=Special Tactics And Rescue Service(特殊戦術及び救助部隊)
ラクーンシティがアンブレラの援助を受けて発足した「明るいラクーン21計画」。
その一環として1996年にラクーン市警察内部にS.T.A.R.S.が創設された。彼らは、毎年増加傾向にある都市型テロ、多様化する組織犯罪、数々の緊急事態などに即時対応できるエリート集団として、軍や民間を問わずスカウトで集められたスペシャリストだけで構成されている。




BSAA

アンブレラ社の瓦解によって拡散した生物兵器が世界中でテロに悪用されるという事態に直面した製薬会社の組合『製薬企業連盟』が批判逃れを目的として共同で資金を拠出し、結成されたバイオテロ対策部隊。
後に国連の公的組織となった。
欧州に本部を構え、世界各地に支部を持ち、バイオテロの情報収集・予防・制圧を行なっている。
なお、クリスは北米支部、シェバは西部アフリカ支部に所属している。クリスやジルなどBSAAの創設メンバー11人は、「オリジナル・イレブン」と呼ばれる。



Umbrella

薬品開発部門を持つ国際的企業。社名は「傘で人類を庇護する」から由来し、社訓は「人々の健康を庇護する」。
表向きを薬品製造企業と装うことで、裏での生物兵器開発を容易としたことにより、これを大きな資金源として表裏の両マーケットを拡大して企業活動を続け、国際企業へと伸し上がった。
政界にも太いパイプを持ち、法規などの操作、他社や政財界への二重スパイ活動も行う。
また、独自に特殊戦闘部隊 「U.B.C.S.」や保安警察「U.S.S.」を組織しており、有事の際には即座に対応できるよう配慮されている。




©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.