“TRAINING IS ALL” 全てのアスリートのための日本発スポーツブランド 「ボディメーカー」公式サイト

ようこそ ゲスト 様
  • ■生年月日:1977年12月22日
  • ■サイズ:身長173cm/体重87kg
  • ■所属:新極真会 大阪東部支部 新石切道場
  • ■主な成績:
  • ・新極真会第25回全日本ウェイト制大会 中量級ベスト8
  • ・新極真会日本武尊杯 軽量級 準優勝

earth
ミットの中でも子供の指導に一番適していますね
このハンドミットは5年以上前から道場で使っています。蹴りの正確性を高めるための稽古時に使っています。
ハイパーキックミットやビッグミットも使用してますが、このハンドミットが一番適していると思います。的確に蹴らないと痛いですし、音が鳴らないんですよね。子どもの指導のときにこれを使うことによって当てる感覚と、しっかりとしたフォームを作るために役立っています。
オーソドックスにそのまま持って立ったまま蹴るのもいいですし、動きながらやることで色んな蹴りの練習に使えます。角度を考えて蹴らないと、しっかり当たっていないときの感触がすぐに分かります。蹴った直後に分かるので、考えながら練習できるという点もありますね。
ハイキック、ミドルキック、ローキック、カカト落としや後ろ回し蹴りなど、膝の入り方を考え、足の甲を当てるまでの角度や足の出し方を考えながら蹴るので技の精度が上がります。このミットを目印にやるので、子ども達も楽しみながらやっていますね。
-阪本泰貴


ハンドミット ハンドミット

パンチやキックの精度を高める練習にはマストアイテム。正確にミットへ打撃がヒットした際、2枚重ねになっている本体部分から響く音で上達感を実感できます。 本体は受け手の事を考えたグリップ形状を採用、また、手元の固定用ハンドラップを手首に通す事で、強い蹴りでもミットが飛ばされにくい作りとなっております。

■サイズ:L46×W20×T4cm
■カラー:ブラック
■素材:合成皮革
※1個売り